会社概要     
会社名 : 株式会社テーブルマウンテン (Table Mountain Inc.)
所在地 : 東京都港区麻布十番4丁目3-1 ツイン一橋 No1 1087号室 〒106-0045
TEL : 03-6809-6091
FAX : 03-3455-3748
URL : http://www.tablemountain.co.jp
設立 : 2006.11.29
資本金 : 100万円
代表取締役 : 藤堂五紀
事業内容 : 南アフリカ共和国に関する企画・貿易・情報提供事業
南アフリカ共和国ワイン・酒類輸入卸・小売事業
経営コンサルティング事業



<南アフリカの初日>

2006年2月、私は初めて南アフリカを訪問しました。 到着した日、私はケープタウンのウォーターフロントにある、真新しいチェーンホテルにチェックイン。部屋に入ると、まずバスタブに湯を入れ始めました。しかし、待っている間に長旅の疲れですっかり寝入ってしまったようで、約3時間 後、ホテルのフロントからの電話で目が覚めると、ベッドの下に脱ぎ捨てた私の靴はプールと化した部屋の水面にプカプカと浮き、さらに部屋の外の廊下まで水浸しに・・・ 時は深夜2時、慌てて駆けつけてきたホテルのスタッフが何百枚のバスタオルや雑巾のようなものを持って大勢集まってきました。あまり英語が上手くない私は、ひたすら「ソーリー、ソーリー(すみません、すみません)」と言って一緒に掃 除をするのが精一杯。その時、彼・彼女たちは、「ノープロブレム、ノープロブレム(大丈夫だから心配しないで)」とだけ繰り返して水浸しの部屋や廊下を満面の笑みで掃除し続けました。 やがてホテルのマネージャがやって来て「新しい部屋を用意したので、お疲れでしょうからそちらでお休み下さい。何も心配いらないのでごゆっくり」と。 翌朝、出かける時も掃除を手伝ってくれたホテルのスタッフたちがそれぞれ出くわす度に「エンジョイ!ノープロブレム」と励ましてくれました。決して5つ星のホテルでも何でもない、フツーのビジネスホテルでの対応です。 ホテルをチェックアウトする際にも、今回はご迷惑をかけたと謝りましたが、正規の宿泊代以外は何も請求されず、むしろ「大丈夫でしたか?南アフリカを楽しんで!」とスタッフ達から最後まで温かい声をかけられました。 (パリで同じことした友人は60万円請求され、かなり冷ややかに追い出された) 私の南アフリカの初ツアーはこんなお笑い系の珍事件から始まったのです。





<素晴らしい南アフリカの魅力を伝えたい>

2日目以降、私は南アフリカのスケールのでかい大自然や、美しい街並み、美味しいワインや料理、開放的な風土、そして何より南アフリカの人々の温かいホスピタリティ(親切)に触れ、素晴らしい体験をすることが出来ました。私は、 すっかりこの国が気に入ってしまったのです。 この南アフリカでの素晴らしい体験や感動がきっかけで、この国の魅力をもっと多くの人に伝えたいと思い立ち、帰国後、すぐ準備を始め、当社を設立しました。

代表取締役 藤堂五紀


南アフリカの良質なワインをはじめ、その他の食品や物産、文化芸術などを日本に紹介すること。