pick up premium wine!!
sterhuis,stellenbosch
ステルハイス
merlot

おだやかな酸味が、転がるように膨らんでくる果実味と重なりあい、渋みはアピール しすぎることなく全体のバランスをとっている。余韻も長く、後ろ髪を引かれる素敵 な味わい。ヨーロッパスタイルをアピールする数少ないケープワインのひとつ。ヨー ロッパでの高い評価にうなずける理由が実感できる、まさに、ポムロールの影武者と 大胆によべる実力あるワイン。

merlot


CabernetSauvignon

おだやかな酸味と小さくまとまった果実味は、骨格のしっかりした若々しい渋みの主 張とバランスをとり、余韻も長い味わいが魅力。高級感を漂わせながらも、飲みやす さを印象付けるこのワイン。ユーカリ思わせる香りの主張が多いケープのカベルネソ ービニヨンがある中、主張しすぎないところが、このブドウ品種の飲みやすさにつな がっている。

merlot


Chardonnay

エレガントな印象から、深まりあるコクと重量感を感じさせる変化を楽しめる素敵な 魅力を持つワイン。輝きのある濃い麦わら色、バターやトースト、そして、マンゴー やココナッツを思わせる香り。おだやかな口当たりで、落ち着いたしっかりした酸味 と、ふくらむような粘性のある果実味が重なり合うよう。エレガントさからボリュー ム感を味わえるバトンタッチは、まさに、新大陸と旧大陸の懸け橋といえるケープワ インの特長に焦点があたったワイン。

merlot


Sauvignon Blanc

印象的な爽快感を残す味わいが魅力。ゆりの花やハーブを連想させる香りは、やさし くグラスを満たす。そして、時間とともに、柑橘系の香りが現れ、ダージリンティー を思わせる香りに変化していく。清々しい切れのある酸味はやさしい果実味を包み込 み、後味にわずかに残る力強さは、ボタラレー地区の品種の特長を良くあらわしてい る。全体としてクリーンな印象の味わいは、ヨーロッパスタイルでケープワインの面 白さを感じさせる。

merlot


merlot sterhuis
 
borken,stellenbosch

若くて才能豊かなワイン醸造家・マーク・ケント氏が造るワインは、ローヌスタイルを 目指して作られており、力強さと果実味豊かなニューワールド的ニュアンスと、エレガ ントで旧世界的なニュアンスの両方を持ち合わせている。また彼のワインは、品評会に 一切出品しない「ノーショーワイン」として知られている。品評会に出品する必要性が ないほど人気の高いワインで、日本への割り当ては毎年240本程度しかない貴重なワ インでもある。

amani,stellenbosch

ステレンボシュ地区にある1997年設立の新しいワイナリー。「アマニ」はスワヒリ 語で「平和」を意味する。その作り手であるカルメン女史が目指しているは、スタ イリッシュでバランスがよいワイン。若くても楽しめて、かつ長い熟成を経てさら に美味しくなるもので、品種の個性を大事にしたエレガントな仕上がりになっている。

brahm,stellenbosch

オーナーであるヒーシー・ラテガン女史は腕利きの弁護士であったが、子育てとの 両立を考え、ケープタウン郊外のパール地区で「自然と触れ合えるワイン作り」を 始めた。2001年10月、彼女の初ヴィンテージ「ブラハム・シラーズ1999」 がデビューすると、いきなり地元のシラーズ大会で満場一致の金賞、同国最大のワ イン大会「ヴェリタス大会」で銀賞を獲得した。2003年には「南アフリカ最優秀ワ イン醸造家」に選ばれ世界各地で高い評価を受けている。

borken,stellenbosch

ポールクルーバーのあるエルギン地区はフランスのブルゴーニュ地方と同じ気候 で、非常に高品質のブドウができる。ポールクルーバー・ワイナリーは家族経営 で、製造工程の一つ一つを丁寧な手作業で行い、畑の特徴を活かしながら、フル ーティで上品な、バランスの取れたワイン造りを行っている。ワインの熟成に使 用するオーク樽は、フランスの5社から取り寄せ、それぞれの特徴を活かし、組 み合わせることによって、複雑みも表現。国際的にも高く評価され、多くの賞も 獲得している。

borken,stellenbosch

1715年創立。現在8代目のデヴォール・ファミリーは3兄弟でワイナリーを経 営している。このワイナリーは南アフリカ、そして世界で一番古いピノタージュの 樹(トップオブザヒル・ピノタージュ)を所有しており(平均樹齢が55年)、こ この畑の丘の上のたった2ヘクタールでしか作られていない最高樹齢のピノタージ ュのみを使用して作られているのが、トップ・オブ・ザ・ヒルである。3男のダニ エルは、2002年ダイナーズクラブで「2002年最優秀ワイン醸造家」にも選 ばれ「南アフリカABSAトップテンピノタージュ」に5回選ばれる。

borken,stellenbosch

ドゥナトスレッドは2006年からルフトハンザ航空全世界のファーストクラス に採用されている。このワインは地元(ステレンボシュ)の特徴と自社のスタイ ルを合わせながらドルニエ・ワインのフラグシップとして、プレミアム・ブレン ドを作ることを目指しているため、収量を落としても最上のブドウのみを収穫す る。全てのブドウは、ブロックごとに発酵、熟成させ、最後にブレンドされる。 このような品種のブレンドは他に例がない。このワインは旧世界のクラシックな 凝縮感と新世界の力強さを最大限に表現している。

borken,stellenbosch

クローヌ(Krone)家は、特に「メソッド・カップ・クラシック」(南アフリカの瓶 内2次発酵のスパークリングワイン)作りに力を入れ、南アフリカ国内でもスパーク リングワインでは最も有名なワインの1つ「クローヌ・ボレアリス・ブリュット/ Kr one Borealis Brut」を生産している。また、伝統ある家族というだけでなく、む しろ彼らのワイン作りにおける革新的な手法が南アフリカワイン業界内で高く評価さ れている。また、オーナーであるニッキー氏の妻はシャンパーニュワインに憧れてい たが、酸化防止剤アレルギーを持っていたため飲めなかった。そこでニッキー氏は19 80年代に実験を重ね、1991年ついに酸化防止剤無添加のスパークリングワイン、クロ ーヌ・ボレアリスを完成させたという伝説を持つ、スパークリングである。

 
page top